クリスマスと言えば

show-case

 今年もあと残すところ、一週間余りとなりました!今週はクリスマスで、来週は年末大晦日と年始ですか。まぁ、あっという間なのでしょう。今年は元号が改まるという、改元の年でした。漢字一字で今年を振り返るとすれば、私的にはこのブログを始めたということで「始」であります。皆さんの中での今年を表す漢字、言葉は何でしょうかね。流行語大賞で言うと、W杯ラグビーの日本チームのインパクトが大きくて、「ONE TEAM」…来たなと。日本を含めて、世界中の様々なレベルで何かしらの分断というものが身近に感じられる時代にあって、この「ONE TEAM」という言葉が選ばれたことに、これからの社会・世界・未来への期待も込められているのかなと思いました。

絵:『 魅惑のショーケース 』

 さて今回の絵は、クリスマスシーズンに入り、家族でデパートを訪れてプレゼントを選んでいる子供たちという場面設定です。デパートですよ、「デパート」。今、この言葉使います?このプレゼントを買いに来るという夢的高揚感を伴う場。こういう場に来ると、この時分に相応しい音楽が流れているものです。そしてガラス張りのショーケースには、商品が魅惑的にディスプレイされています。ワクワクしかないし、釘付けになります。絵の中の商品群は昔!?のものです。私の昔の記憶の中の映像がモデルなのでゲームウォッチ・LSIゲーム・超合金(超合金ロボットの略)・ラジコンなど、今はもう無い物や男児寄りのものになってますが…クリスマスを盛り上げる音楽と共に湧いてくる、この気持ち。ガラスの中に置いてある物に何だろう!?何これ!凄い!面白そう!!盛り上がる気持ちを思い出しながら描いてみました。なんでこんなにカッコいいんだろう、こんなに面白そうな物を作れるんだろうと。捉えて離さないキラキラしたものがそこにはありました。ネットで気軽に買い物ができる時代、今時のクリスマス商戦の家族模様はどんな絵?

後記

 ちなみにクリスマスを盛り上げる歌曲。昔からある伝統的なものから最新のものまで、実に沢山ありますよね。ストリートの店やデパートから流れていたような「いかにもクリスマスソング」という私の中での記憶の歌曲を列挙してみますと…順不動で、

  • I Saw Mommy Kissing Santa Claus(ジャクソン5のカバー)
  • All I Want for Christmas Is You(マライア・キャリー)
  • Last Christmas(ワム!)
  • Happy Xmas (War Is Over)(ジョン・レノン&オノ・ヨーコ)
  • Can’t Take My Eyes Off of You(ボーイズ・タウン・ギャングのカバー)
  • クリスマス・イブ(山下 達郎)
  • 恋人がサンタクロース(松任谷 由実)
  • Winter Bells(倉木麻衣)

という感じです。みなさんの中では何でしょう。それではまた。

コメント