プロフィール

 みなさん、こんにんちは。このブログは、簡単に言えば何かしらの世界観を持った比較的シンプルな「イラスト・絵・画」を世界に向けて放ってゆこうとするブログです。絵の腕に関して言えば全くの素人でして、美大や専門学校を出ているわけではありませが、息抜きにでも訪れた人がおっ!?と少しでも楽しめて、自分も楽しめる、そんなイラストブログになったら良いなと思います。主役は「イラスト・絵・画」のつもりですが、提供していくコンテンツは絵、文、時々写真?…で構成されるものにしていきたいと思います。
(「イラスト・絵・画」……呼び方がイマイチ厳密には分かりませんのでこう表現させていただきました。アップする数が増えて、何かしらの傾向・風合いが出てくれればと思っています。)

 使う道具はペン持ちができる「ペン」です。ペンで描いてゆく絵です。するとペン画?…もしくはその周辺の感じの絵になると思います。アナログのペン、デジタルのペンの両方を使います。仕上がりがデジタル情報なのでデジタルペンがメインだと思います。ペンなのに線を描くだけでなく、塗りやスプレーもデジタルペンではできるので、使いたくなると思います。そのため必ずしもTHEペン画と言えるような感じにまとまるわけではないと思いますが、絵の感じはその辺りかなと思っています。自由自在に道具を使い熟し、ペン先から見る見る思い通りの絵が出てくるのが理想です。

 ブログを始めようと思った理由は、基本的には「何か創りたい」「何か未来的なことをしたい」というのが根本にあると思っています。ブログ、個人サイト、各種SNSがさらに一般的になって、多くの人たちがインターネットで自己表現をするようになりました。インターネットですから、つながれば世界中どこでも見れるわけです。凄いことです…。インターネットでの発信人口自体が増えてきているという現象ごと凄いと言いますか、これはある種の夢じゃないかと。その活気に満ちた世界に釣られて、かな。大袈裟に言えば、この時代と、この社会や世界の未来と関われるようなことが何となくしたいと思ったからでもありますね。時代の変化、そのスピードはどんどん速くなっておりますが、私にとってはそのダイナミックに動いていく世界、社会、時代というもの自体が世界的に大きなイベント、何かの世界大会のようなものに映ります。その大イベント、世界大会に、このブログを通して参加したい。そんな動機イメージです。

 子供の頃から大人になるまでの間、生き物、釣り、アニメ、プラモデル、Nゲージ、ラジコン、漫画、ゲーム、アイドル、映画、音楽、何かありふれてますが一通り好きでした。それをコンテンツとする雑誌も好きでよく見ていましたし、好きなジャンルのイラスト展にもよく足を運んでました。社会に出てからは浮世絵、花鳥画にも興味が出てきて、展覧会に行ってみたり。総じて今までよく見てきた「絵」というものが、サブカルチャー感のある大衆娯楽系なアートだったのかなと思います。世界観とか、その世界への没入感とか、そこに描かれている、臨場感、実在感、真に迫った感じ、何かワクワクする感じが好きだったんだと思います。無謀ですが、そんな感じのものを自分なりの表現で再現してみたいという思いや、自分でも何か描いて世の中にアウトプットしてみたい、思い通りに描けるようになることを探求しながら…という思いで始めてます。

それとライフワークですね。自分の中に求めていたのはいつもライフワークに足る何かだったんです。趣味という意味じゃなくて。人生的仕事というか、仕事的人生というか。冒険ですよね。試行錯誤してみたいとか、チャレンジとか。そんな気持ちからというのもあります。

 ほんとに漠然としたものですが、これが今現在の始まりの思いです。できる限り続けたいと思います。よろしくお願いします。

キャッチコピー:『本屋街のメインストリートを曲がって、また曲がって、その路地を数十メートル行った先にある地下か、2階の本屋に置いてあるような、何だこれ?系ポケットWebマガジン的ブログ。』

年齢:結構行ってます(笑)。

性別:♂。

信条:一枚一枚が届く絵になるよう、意識しながら描き出す。

小田余白